コンテストの詳細:

タイトル:

Web Designing ウェブフォントデザインアワード2011

開催目的:

ウェブ上の日本語フォントの表現・技術的可能性の探求

応募部門・審査基準:

● レイアウト部門

  1. HTMLのテンプレートに対し、CSSを編集したレイアウト
  2. CSSとWebフォントによる独自性、可能性、実用性、芸術性など表現・技術面から総合的に判断します。

● ページ部門

  1. ウェブとフォントをテーマにしたオリジナルのページ
  2. ウェブとフォントをテーマとして、独自性、可能性、実用性、芸術性など表現・技術面から総合的に判断します。

日程:

開催期間:
2011年10月18日〜2012年3月1日
審査期間:
2012年1月20日〜2012年2月20日
募集期間:
2011年10月18日〜2012年1月20日
※新規作品登録の締め切りは2012年1月19日12:00です。
※詳しくは登録後マイページにてご確認ください。
結果発表:
2012年3月1日
※一部媒体に誤った日付が掲載されました。お詫び申し上げます。

共催・運営・協賛:

共催:
Web Designing、ソフトバンク・テクノロジー株式会社
運営:
ウェブフォントデザインアワード運営事務局(ソフトバンク・テクノロジー株式会社社内)
協賛:
株式会社イワタ、株式会社白舟書体、フォントワークス株式会社、株式会社モトヤ

応募資格:

  • 個人、チーム、法人、性別、国籍、年齢、職業は不問。学生も可。
  • Twitterのアカウントを保有している方。※1、※2
  • 本コンテスト運営事務局と日本語でコミュニケーションできる方。
  • Web上に自身の作品を公開できる場所がある方。

※1
本アワードはTwitterが後援、承認、主催、共催のいずれをするものでもありません。

※2
受賞の連絡は事務局Twitterアカウント経由で行います。Twitterメッセージが送信できるよう事務局アカウントをFollowしておいてください。

応募条件:

  • 応募者が所有権を有するもの。オリジナル作品であること。
  • 第三者の権利を侵害しないもの。法令・公序良俗に違反しないもの。
  • 審査経過、審査結果についてのお問い合わせはお断りします。
  • 受賞作品の著作権は応募者に帰属します。
  • 主催者、協力会社・団体は本コンテスト及びこれに関連する事業に関するものに限り、応募作品を日本の国内外にて無償で上映、放送、複製、印刷、展示、Webサイトでの公開の権利を許諾するものとします。
  • 応募作品中に使用される要素(イメージ、テキスト、プログラム、JavaScriptライブラリなど)については、ライセンス上問題ないものを利用するか、必ず著作権者の許諾を得た上で応募してください。仮にクレーム、紛争が生じたとしても、応募者自身の責任で対処することとし、主催者は一切の責任を負いません。
  • 応募条件に準じていない作品、また閲覧した第三者に損害を与える可能性のある作品は応募を取り消す場合があります。
  • ご応募にあたっては、この応募条件並びに応募規約個人情報保護方針の内容をご了解いただいたものとします。

応募方法:

  • 参加には各部門とも参加申込みが必要です。参加の認証にはTwitterのユーザ認証を利用します。
  • 参加申し込みが完了するとマイページにアクセスできるようになります。
  • マイページにて作品のURLを登録します。事務局側でそのURLに対してフォントプラスのサービスの登録作業を行います。(登録には2~3営業日かかります)※ライセンスの適用期間について(※新規作品登録の締め切りは2012年1月19日12:00です。詳しくは登録後マイページにてご確認ください。)
  • 作品の制作
    1. レイアウト部門

      マイページ内からHTML、CSSを含むテンプレートZipデータをダウンロードします。

      テンプレートデータ内のCSSのみを編集し、あなたのオリジナルレイアウトを作成します。

    2. ページ部門

      マイページ内に記載された、指定のJava Scriptタグ、バナータグを作成HTMLに埋め込みます。

      あなたのオリジナルページを作成します。

  • 完成したらページ一式を登録したURLで閲覧できるようにアップロードします。
  • マイページにて、その作品の応募処理を行います。
  • 本コンテスト事務局で応募条件の確認を行い、問題なければ応募作品一覧にて公開されます。

各賞:

レイアウト部門

  1. 最優秀賞(1名)

    フォントプラスライセンス1年分(スマートライセンス

    Apple社製 iPad2(ないしは同等の最新モデル)

  2. 優秀賞(2名)

    フォントプラスライセンス1年分(スマートライセンス

ページ部門

  1. 最優秀賞(1名)

    フォントプラスライセンス1年分(スマートライセンス

    Apple社製 iPad2(ないしは同等の最新モデル)

  2. 優秀賞(2名)

    フォントプラスライセンス1年分(スマートライセンス

協賛賞

表彰:

2012年3月1日に本サイト上で発表します。
各受賞者には認証に用いたTwitterアカウント経由でご連絡させて頂きます。

審査員紹介:

  • 尾崎 則秀

    尾崎 則秀

    株式会社モトヤ技術部フォントデザイン課主任

    1997年にモトヤ入社。その後,書体デザイン・書体開発および,自社Webサイトのデザイン・構築を中心に従事。1973年生まれ。

    http://www.motoya.co.jp/company/profile/index.html

  • 大谷 秀映

    大谷 秀映

    フォントグラフィック著述業/ウェブグラフィック装丁DTPフォントデザイナー

    Mac黎明期よりDTPデザインをはじめ、90年代よりWebデザインに関わる。著書に「和文フリーフォント集」「誰でもデザイン レイアウト・デザインのアイデア集」(翔泳社)、「ヘルベチカの本」(エムディエヌコーポレーション)など。

    http://fontgraphic.jp/indexjp.html

  • 祖父江 慎

    祖父江 慎

    cozfishアートディレクター/ブックデザイナー

    すべての印刷されたものに対する並はずれた「うっとり力」をもって、日本のブックデザインの最前線で、小説、漫画、絵本、写真集など幅広いジャンルを手がけている。吉田戦車著『伝染るんです。』(小学館)など。本以外のデザインも多く手がける。

    http://twitter.com/#!/sobsin

  • 孫 泰蔵

    孫 泰蔵

    MOVIDA JAPAN 株式会社代表取締役CEO

    東京大学在学中にヤフージャパン立ち上げに参画後、学生企業家としてインディゴを設立。ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社をヘラクレスに上場し、日本のオンラインゲームビジネスの基盤を整備。現在はMOVIDAJAPAN株式会社代表取締役としてスタートアップベンチャーを育成。

    http://www.movidainc.com/

  • 鷹野 雅弘

    鷹野 雅弘

    株式会社スイッチ

    1996年、DTP制作プロダクションとして株式会社スイッチを設立。
    その後、Web制作を平行して継続。講演活動やトレーニング、スクールなどのカリキュラム開発のほか、テクニカルライターとして書籍を執筆。
    2005年からCSS Niteを主宰。

    http://cssnite.jp/

    http://www.dtp-transit.jp/

  • 中村 享介

    中村 享介

    株式会社ピクセルグリッド代表取締役

    2009年、最新のウェブ技術を扱う制作会社として株式会社ピクセルグリッドを設立。
    JavaScriptを中心にHTML5、CSS3といった技術を駆使したウェブサイト/アプリ制作を得意とする。会社経営・制作のほかにも講演、講師、執筆など幅広く活動している。

    http://www.pxgrid.com/

  • 藤田 重信

    藤田 重信

    フォントワークス株式会社書体開発部 部長

    筑陽学園高校デザイン科卒。1975-1998 写研。1998-現在フォントワークス。筑紫書体をメインに設計開発。最新作は筑紫B丸ゴシックファミリー、パール-L、花風シリーズの仮名・欧文制作。筑紫オールド明朝、筑紫丸ゴシックで2010東京TDC賞。

    http://www.fontworks.co.jp/fontworks/company

  • 山田 晃輔

    山田 晃輔

    PETITBOYSWebデザイナー・ライター

    1982年生まれ。東京造形大学デザイン学科卒。フリーランスとしてWebデザインを始め、グラフィックデザイン、ロゴデザインや執筆、講演など各種クリエイティブ業務を行う。「フォントブログ」を運営中。

    http://www.petitboys.com/

    http://blog.petitboys.com/