受賞作品 ページ部門受賞作品:

  • 審査結果トップページ
  • レイアウト部門結果
  • ページ部門結果
  • 協賛賞

ウェブとフォントをテーマにしたオリジナルのページの募集を行い、ウェブとフォントをテーマとして、独自性、可能性、実用性、芸術性など表現・技術面から総合的に審査を行いました。

最優秀賞(1名)

フォントプラスライセンス1年分(スマートライセンス)、Apple社製 iPad2(ないしは同等の最新モデル)を贈呈。

SeeSea

http://kuri.nifty.com/seesea/index.htm

非常に楽しさに満ちた作品です。多様なフォントを利用する意図、伝えようとする情報、そして動き。総合的にWebフォントの特性を消化した上でのコンセプトと作りこみが高く評価されました。Webフォントを用いることによる情報の新しい表現方法を感じさせる作品です。

ニフティ株式会社クリエイティブデザイン部ニフティ株式会社クリエイティブデザイン部

作品名:
SeeSea
作品概要:
ウェブフォントを用いた文字の魚や貝などが海を泳いでいます。泳いでいる生き物をクリックすると、その画像と紹介文が読めます。
閲覧条件:
Chrome,Firefox推奨
作者コメント:

このたびはこのような賞をいただき光栄です。ありがとうございます。

「SeeSea」の表現が実現できたのは、フォントプラスがあったからです。

さまざまなフォントを使用でき、また、ウェブフォントだからこその、「動かす」「光らせる」などのエフェクトを実現でき、にぎやかな印象になりました。

魚をクリックすると表示される説明ページでは、フォントをより大きく表示しています。あわせて楽しんでいただければ幸いです。

ニフティ株式会社クリエイティブデザイン部は、ウェブサイトや印刷物など、ニフティ社のデザイン全般を担当しています。今回は、サイトを独自に企画・デザインする「チャレンジ」と位置づけ、応募しました。

  • 尾崎 則秀尾崎 則秀

    魚種毎にフォントを変更し、見る側に興味を持たせる内容が素晴らしい。学習教材などにも利用できそうな点も良い。

  • 大谷 秀映大谷 秀映

    図鑑と漢字の学習が同時にできる。各魚の動きが凝っていて深海まで良く作りこまれています。子供向けでも将来的に可能性が感じられ、作者が楽しんで作っているのが見ている方にも伝わります。

  • 祖父江 慎祖父江 慎

    およぐ文字、単純に楽しいです!バックの色がもう少し薄くなれば、書体が見やすくなってもっと楽しくなりそうなり!

  • 孫 泰蔵孫 泰蔵

    ひとつひとつの魚ごとに多種のウェブフォントを用い、多彩な動きをしていてとても楽しい作品です。表意文字である日本語の特徴をうまく引き出すことができていて感動しました。

  • 中村 享介中村 享介

    魚ごとにfontを変えているだけでなく、きちんと動きをそれぞれつけていて素晴らしいと思いました。クリック時に情報をきちんと出すことで、読み方がわからない漢字の学習にもつながります。

  • 藤田 重信藤田 重信

    多くのフォントを使うと下品になり易い定説なのですが、これは1つの面に多種多様なフォントを使っていてもそれぞれに意味を成している。そして、なおかつおもしろさ、美しさも保っている。

  • 山田 晃輔山田 晃輔

    アイディアがとても素晴らしい。スクロールで深海まで表現しているところがおもしろい。イラストのクオリティを上げれば、もっとよくなる。

優秀賞(2名)

フォントプラスライセンス1年分(スマートライセンス)を贈呈。

INTRIX年賀状サイト2012

http://pr.fontplus.jp/2011/work/intrix_page/index.html

練りこまれたコンテンツ構成、自然なWeb フォントの利用、インタラクティブ性、細部までの丁寧な作り込みなどが高く評価されました。Web フォントを用いた実用的なインタラクティブページのお手本となるような作品です。

イントリックスイントリックス

作品名:
INTRIX年賀状サイト2012
作品概要:
INTRIX社の2012年度年賀状サイトです。全社員の今年の抱負などを掲載しています。コンセプトは「いろはかるた」作品のポイントは次の4点です。
  • ・縦書きの美しさを表現
  • ・平仮名、片仮名、漢字、英語が綺麗に表示されるスタイルを意識
  • ・マルチデバイスを考慮し、スクロールをさせずに要素を切り替える
  • ・いろは歌をUIに見立て、かるたをひっくり返すように各部分を変化
閲覧条件:
Chrome、Firefox、Safari の各最新版を推奨。また、上記環境以外や、js がオフの場合でも情報を閲覧できるように、別途下記の仕様でスタイルを用意しています。IEは js がオンの場合でも一覧形式で表示。(WebFont有効)js がオフの場合、環境を問わず一覧形式で表示。(WebFont無効)
作者コメント:

ページ部門優秀賞を頂き、ありがとうございます。「ウェブフォントの王道」というコメントを頂くことができ、非常に嬉しく思います。今回は時期的に「年賀状サイト」というテーマで表現しましたが「シンプル・綺麗にフォントを使う」+「Webならでは」を意識しました。

「和風 → 縦書き」というコンセプトがあったので「和風」をイメージさせる縦書きの表現や、「各社員の新年のあいさつ → いろはかるた」をイメージさせる動きの調整に時間がかかりましたが、今後もウェブフォントの可能性を探っていこうと思います。

  • 尾崎 則秀尾崎 則秀

    必要な情報を提示したうえで高いインタラクティグ性と遊び心をもった内容が秀逸。

  • 大谷 秀映大谷 秀映

    Webフォントの使い方としては王道。使っているのをあまり意識させないサイトと思いました。

  • 祖父江 慎祖父江 慎

    めくるといろんなことがおこって、はまると出られなくなってしまいます!ここでずっとくりっくしていたくなりますね。

  • 孫 泰蔵孫 泰蔵

    まさにウェブフォントの使い方の王道を行く、よくデザインされた作品です。動きやエフェクトが細部までよく作りこまれておりとても美しい仕上がりで素敵です。

  • 中村 享介中村 享介

    完成度の高い作品です。クリックして楽しめるギミックが細かなところまで用意されていて好感が持てました。
    webfontを使うことにより、ファイルサイズを抑えたり、実際の制作の工数を抑えられる良い例だと思います。

  • 藤田 重信藤田 重信

    良く作りこまれていて実用性が高いと思います。個人的には書体のチョイスがもう少し工夫が欲しかった。

  • 山田 晃輔山田 晃輔

    Webフォント1つでここまで変わるというのがよく伝わる作品。技術力がないデザイナー職の人にもWebフォントを使う良いきっかけとなりそう。

タイポマップ

http://colamune.com/typomap

日本語ならではのインフォメーショングラフィックとしての表現が高く評価されました。表意文字としての日本語と、Web フォントを用いた多様なフォントフェイスを組み合わせることでの表現の可能性を感じさせる作品です。

こへこへ

作品名:
タイポマップ
作品概要:
世界をフォントだけで表示してみるとどうなるか
閲覧条件:
最新のブラウザであればご覧いただけます。※但しIE以外
作者コメント:

受賞、嬉しいです。もともと世界の多種多様さには惹かれるものがあったので、それを字だけでうまく表現できないかなというのが、この作品のきっかけです。どうせ作るなら、統計情報も集めてインフォグラフィックっぽいのにしようと思いました。その結果、自分自身でも思いがけない発見があったりして楽しく作れました。

ちなみに、作品ではアラビア文字やキリル文字をはじめとした様々な文字から書かれる「現地語」の名称も表示できるのですが、それらのほとんどの字も例外なく綺麗なフォントが作られていて、しかもウェブから配信されているのにはえらく感動しました。ありがとうございます。

  • 尾崎 則秀尾崎 則秀

    フォントを中心に据えた発想が良い。応用次第で色々な展開が期待できる。

  • 大谷 秀映大谷 秀映

    日本ならではの可能性を感じさせます。インフォメーショングラフィック的で面白い。動きがもっとダイナミックだったら良かったかもしれないですね。

  • 祖父江 慎祖父江 慎

    一文字でも国名を表記できる、という漢字ならではの特性もうまく活かしていますね。文字の位置・サイズだけでこんなにいろんなことをつたえられるんだ!ってびっくりです。ゴミのように小さくなってしまった文字も好きです。

  • 孫 泰蔵孫 泰蔵

    表意文字である日本語(漢字)の特徴をうまく使った秀逸なインフォグラフィックスで感銘を受けました。

  • 中村 享介中村 享介

    インフォグラフィックの表現として綺麗に完成されてると思います。大きさが変わる際、アニメーションなどを付けるとさらによくなるのではないでしょうか

  • 藤田 重信藤田 重信

    地球儀や地図で国それぞれの面積は感覚として判るが、人口や密度など色々なことを文字の大きさ(面積)で表現されており感覚的に捉え易く新鮮である。

  • 山田 晃輔山田 晃輔

    日本語のWebフォントならではの作品だと思う。(特に漢字で表現することで新たな発見が得られたような気がする。)インフォグラフィックスとしても良い。

  • 審査結果トップページ
  • レイアウト部門結果
  • ページ部門結果
  • 協賛賞